のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

美瑛岳・・・③

次女の「登山してみたいな~♪」のあま~い囁きに「若しかして一緒に登る?」連想。

罠に嵌ってる?父親で、

今回の誕生日にプレゼントした登山靴です。

登山靴


「買ってあげるけどアウトレット品だよ!サイズ測って貰い、靴を見て来よう」と

一日早く帰宅した11日・・・足サイズに合うアウトレット品は無いとの事で、自分

より高い靴にてデビュー予定の娘っちです。(他備品を揃える気配もなく・・・)



山予定で帰宅を待つ先週金曜。友達と共に帰宅・・・友達も山興味ありで、二人

で一緒に山デビューするとか???

キャンプもしたいとかetc・・・ソロテント(一応二人可)と寝袋1個+α(30年ほど

前に家内が海キャンプにて購入)の我が家道具。

若しかしてのキャンプって・・・行く行く詐欺かい?想像の父です (^-^;

前置き長くなってしまいましたが・・・

それでは、そろそろ美瑛岳から下山です。。。







前記事にて歩いた十勝岳~美瑛岳間は、雲状況によっては十分な注意が必要

な縦走路で、雲が入り込んでるようなら引返した方が良いと思います。

ザレ場にはマーカーとなる岩等もなく、木杭を打込み道迷いへの対処をしてまし

たが本数少なく濃いガス時には見失う可能性もありそうです。

今回は十勝岳から見える雲海が薄く(少な目)、コース上への入り込みもなく歩き

始めましたが、風に押し上げられる雲がコース上に入り込み展望がなくなりました。

(薄い雲(ガス)で足元や目先のコースは見えるので不安は無かったですが、入り込

むのはアッと言う間・・・濃ければ道迷い可能性が大です)



美瑛岳山頂より美瑛富士、オプタテシケ山

十勝連峰


縦走始めにはなかった上空雲でしたが、すっかりと隠れ後は山頂を見れず~

ガス中となり展望もなく、山頂を背にしての休憩から下山にて振り返ると

十勝連峰


雲間から十勝岳が顔を出してくれました(これが最後です)。

先のコースを知らず(山ブログにて拝見してますが殆ど記憶から抜け)

十勝連峰


急傾斜が続く未知の下山-山頂振り返り

十勝連峰


ハイマツ帯も出てくるわ~

十勝連邦


どこまで続くの???

十勝連邦


高度や傾斜感表現出来ない画像だけど、後ろ向きになり三点接地にて降り~
(両手、両足の他、時にはお尻も使っての三点です)


十勝連邦


沢の水音が聞こえるけど中々出現せず、道脇の濡れた笹や樹木に雨???

十勝連邦


山ブログにて「急坂で受ける足のダーメージを癒すには絶好の沢」らしき事が

書かれてた記憶があるけど・・・ずっと前から聞こえる大きな沢からの水音に、

熊鈴も役に立たないよな?の考えてた小心者。こんな所でゆっくり出来ない!


沢へ向かう下り後に来るのは、やっぱり上りでした。ってさ~orz

十勝連邦

笹被りあり~ので、雨でなく沢から上る霧で濡れてたんです。。。

トラバース気味の登山道を尾根の度に登ったり下りたりしてると、

函状の深く抉れた沢が現れ、梯子を使って降り対面はロープにて登ります。

十勝連邦


梯子使って降りる先は、雪トンネル上。

未だに残る雪って、全て融けずに冬を迎える?


十勝連峰


降りたから、やっぱり登りがありました。十勝岳裾野へ近づき笹被りもなくなり

ハイマツ等の背丈も低くと少しづつ植生が変わります。

十勝連峰


十勝連峰の不思議なんですが、北海道の他山と比べ森林限界が高い事。
(他1,000m前後ですが十勝連邦1,400前後)

他にもあったけど思いだせず・・・普通は南側だけど北側がホニャララ???


トラバース気味に幾つかの尾根を越えながらやっと望岳台が目に入りました。
(何時もと方向が違い斜め横からの為に、早くに見えながら気づかなかった?)

十勝連峰


間もなく下山だ~!と、GPSにて時々確認する距離・・・

十勝連峰

一時は1.3㎞程になったのに、その後は遠ざかり3㎞近く?超え?となり・・・

足痛み?疲れ?でザック下し座って休憩です。

函状.沢にて見えた後ろの登山者に追付かれての談話となり、神奈川県から

五連休にて来道・・・芽室、トムラウシ、十勝・美瑛、明日は旭岳と周辺予定。を歩く

雨もなく好天に恵まれた山行になったと大喜び・・・好天に自分も喜ぶけど芽室、トム

ラウシの未登に、次は???の意欲湧くんですが、高まりつつある夏登山熱に不安

も多少ありです。登山道が少しづつ悪い?人気無い?所に変りつつあるんです(^-^;


間もなく望岳台

十勝連峰


振り返り「今回も無事に楽しく歩かせて貰いました・・・」とお礼中です。


軌跡

AM4:30入山 PM1:30下山 

十勝岳-美瑛岳沿面距離17.3㎞ 変化に富む登山道を9時間かけ
楽しませて貰いました。逆方向行脚ならリタイアしたと思います(笑)




十勝連峰

テント泊先へ移動し準備完了にて、昼食&夕食タイム。スーパードライ

500ml×2本に350ml×1本 飲み暗くなるまで爆睡後、更に翌日の為に?

早い就寝です。


近くのテン泊者の物音で3時前起床・・・目的らしい目的持たずの朝です。

後片付けし望岳台へ移動すると、昨日に増しての好天???

十勝岳


旭岳の地獄谷から上る噴煙も見える朝です。

大雪山


この近くでナキウサギに会える?の情報頼りに来たんですが、

それとも時間早いし上ホロカメットクへ行く?の迷い・・・

「確りした?明確な?目的なければ帰れ!」と頭内に湧いた声で、

すんなり帰宅の日曜でした。

一昨日の事故遭遇もあり、何となく湧いてきた声です。


今回の美瑛岳山行も長くなってしまいましたが、最後までのお付き合い

ありがとうございます。。。








 十勝連峰

4 Comments

tarumae-yama  

美瑛岳からすそ野を巻いて望岳台まで結構長いですね。
ポンピ沢やその先にハシゴもあったり結構ワイルドですし。

お嬢さんと一緒に山に行けたなら嬉しい事ですね。
中々素敵な登山靴です。

2014/08/22 (Fri) 16:41 | EDIT | REPLY |   

ひかる  

tarumae-yamaさんへ

こんばんは♪

七月に残した美瑛岳でしたが、縦走路に入り込むガスも少なくて
のんびり歩いて来ました。十勝岳の無機質感?から美瑛岳付近から
の植生に花時期の開花を想像しながら、時折見えた沼の原方向に月
初山行を思い出してました。

美瑛岳前から流れるガスに展望悪くなってしまいましたが、迂回し
て見え始める美瑛山頂の姿は天に聳えるように感じました。天気が
良ければ逆側のポンピ沢斜面も堪能出来たんでしょうが・・・高所
恐怖症なので見えなくて良かったのかも知れません。


娘の行く行く詐欺?に、今年は無理にしても来年は気持ちで一回り
大きめのテントと寝袋(保温性ワンランクUP狙い)もポチッ!して
ます(笑)

2014/08/22 (Fri) 17:16 | REPLY |   

miton-chu  

娘さんの登山靴。。。

何だかうちとシンクロしてまする。
先日、娘が帰省し、一緒にモンベルへ行ってきました。
ハイヒールしか履いたことがなく、日常的にほぼ車生活の娘が、屋久島へ縄文杉を見に行く!と言い出し、頭を抱える私。
本気かいな!
まだ、靴は買ってません。本人もちょっと不安らしい。
函館在住なので、とりあえず、週末に函館山へ登って見るんだってさー。
さて、どうなることやら。。。

2014/08/25 (Mon) 23:52 | EDIT | REPLY |   

ひかる  

miton-chuさんへ

おはようございます♪

屋久島良いですね。あそこへ、ここへと歳と共に変った
行きたい所・・・仕事だ、病気だ、寝たきり(介護)だと
結局何処にも行けずに終りそうな我が家夫婦で、思い立っ
た時に行けるなら行くべきと思うこの頃です。機会を逸っ
すると次が中々ないです。
寄ってる自転車ブログ管理人(独身女性)さんが、自転車
購入数か月後に屋久島での自転車イベント参加し山ハイキ
ング。楽しそうでしたよ。

次女、週末に帽子だけ買ってきたんですが・・・色だ形だ
と機能よりファッション優先です。紐等ホルダー通す穴も
なく「風で飛ばされるよ!一つじゃ足りないから、今度は
専門店で買いなさい~」・・・行く気になってるようです。



2014/08/26 (Tue) 05:56 | REPLY |   

Leave a comment