のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

美瑛岳・・・①

登山20座目に選んだ美瑛岳・・・円山と藻岩を入れても登山歴1年2か月目。

冬だけのつもりで始めた近場スノーシューハイクからすっかり嵌り込んでます。



十勝岳から見た美瑛岳。後ろは大雪の山並みです。

十勝連峰


前回は、十勝岳山頂で感じた足疲れと縦走路に入り込むガス様子にて下山判断。

「また来るね~!」と離れ、約一月後に「再挑戦」です。。。

20座の美瑛が目的ですが、再挑戦なので縦走も?(この部分は曖昧なところです)



今回も長くなりそう?なので、十勝岳部分は大幅カット予定です。






AM4:30入山・・・白銀荘から移動し、入山届場所が見える車内で朝食をしながら、

登山者動きを確認。数組出てから準備開始です。

(花ピークも終り、望岳台の車両が随分と少なくなったようです)

十勝連峰


大雪山方向

十勝連峰


62Ⅱ噴火口?この辺りでも、時折硫黄臭が漂ってます。

十勝連峰


僅かに風に靡く噴煙状態ですが、十勝連峰は今日も好天なり・・・♪

AM5:26 約一時間かかり定刻にて雲の平分岐です。

十勝連峰

この間に、何度も十勝?美瑛?とコースを思案し・・・結論は、先行者任せで

「前へ続け~!」でした(美瑛方向へ向かう人影は見えず~)。

下山時に思う・・・

朝露が残る笹被り&這松帯あり、そして函状沢のロープに梯子が待ち受け更に

鈴音も消える水量の渡渉に長い急登コースが先だったなら・・・人も居ないし帰っ

たかも???下山時にすれ違う人も少なかったです。。。


それでは前進・・・昭和噴火口辺りから夕張山地方向。雲上のは夕張岳?

十勝連峰

左-擂鉢噴火口 右-グランド噴火口 からの十勝岳
十勝連峰


前回に増しての好天に、頂上展望に期待が膨らみます。

「雲よ湧いてくるなよ!」

左方向の美瑛岳や美瑛富士上空にも雲がないです。

十勝連峰


二度目だった事もあり、今回は短く感じた山頂目前の急登です。

十勝連峰


下方向から見てた美瑛岳が、真横?上方向?視点と変ってきました。

十勝連峰


登って来た方向を振り返り。

十勝連峰



前回と同じだから端折ると言いながらの画像・・・3:15掛けての登頂なんで。


AM7:45 山頂到着しての登頂写真です。

これから向かう予定の美瑛岳方向

十勝連峰

逆側の富良野岳、三峰山、上富良野岳、上ホロカメットク山

十勝連峰


上ホロカメットク山から境山、下ホロカメットク方向

十勝連峰


石狩岳方向

十勝連峰


美瑛岳右辺りから奥に見えるトムラウシ山

十勝連峰


先月訪問時に増しての展望に大満足・・・これだけでもOK感ありありだったんですが、

左に見える美瑛岳が「こっちに来なさい!」と呼ぶんです。

十勝連峰


呼んでるの分かりません???分かりますよね。

前回は、ガスで見え隠れしてた縦走コース方向

十勝連峰


こんなタイミングに、美瑛方向から若いソロ女性が登頂です。

今日の天候で、このタイミングを逃し次回があるの?何時行けるの?

今でしょ!とは言いたくないけど書いてしまった・・・

登頂休憩でパン半分食べ、目的地へ向け出発です。。。

端折ると言いつつ、長くなってしまった縦走十勝岳編です。

後日、②へつづく・・・

前回より富良野岳方向の雲が多いように感じましたが、トムラウシ山方向が

少なく時折沼の原の一部が見え隠れしてた十勝-美瑛岳間です。


 十勝連峰

2 Comments

miton-chu  

美瑛岳に呼ばれちゃったんですね 笑

文体がとっても軽やかですねぇ。
楽しさが伝わってきました^ ^

天気も良くって、雲ナシ!

カミフからは、十勝岳は雲の中でした。一瞬、チラッと見えたけど。

とにかく、楽しそうで、嬉しくなっちゃいました

2014/08/19 (Tue) 00:08 | EDIT | REPLY |   

ひかる  

miton-chuさんへ

おはようございます♪

早朝は遠望に少し霞みがかってるように感じたんですが、十勝・美瑛上空に
雲は無く高度上がるに連れ視界くっきり・・・高度と気分共に上昇でした。
前回に続いての好天登山。天気判断しての訪問ですが、晴男になった気分で
した(笑)

十勝-美瑛間の縦走路は、ガスの入り込み多く道迷いし易いとの事で山頂か
ら尾根裏側状態見て出発しました。前回より雲が少なかった(小さい?)の
で、風で尾根に押上げられる雲がアッと言う間にコースを覆ってしまう事
数回・・・マーキング少なく、ガスると迷走してしまうのに納得です。

レス拝見しました。miton-chuさんご長男と我が家長女も同年齢でした。

花時期のカミフ付近フラフラ・・・声かけてくれると嬉しいです。ナキウサ
ギ遭遇求めガレ場待機等してみたいです。




2014/08/19 (Tue) 05:21 | REPLY |   

Leave a comment