のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

十勝岳・・・

三連休最終日・・・今朝も好天に恵まれ、素晴らしい山行になりそうな空です。

連休最後の山になってしまいましたが、十勝岳登山に拘り山ブログにて富良野岳

開花状態を知り、そして北海道最高峰・・・で選んだ行程でした。


十勝岳


十勝岳山頂から、昨日山行の富良野岳、三峰山、上富良野岳、上ホロカメットク山の

稜線が綺麗に見えてます。昨日は上富良野岳から先が雲中となってしまいましたが、

上ホロ避難小屋泊やテン泊選択も有ったんだ・・・

中日目的の富良野岳を知らずに登った奴が、こんな思いで見た稜線です(-_-;)


他写真も撮りましたので、よかったら最終日もお付き合い下さい。。。


最終日トラックと標高グラフ

十勝岳

十勝岳から美瑛岳を経てのコースを赤ラインで記されてますが・・・

体力そして足調子に天候良ければ周って来ようと敷いたトラックです。

初日12.70㎞ 中日13.87km・・・筋肉痛は無いけど、アキレス腱が少し不安な

状態で十勝岳ピストンの11.51㎞で最終日終了。三連休計 38.08㎞です。

山中以外も当然徒歩。徒歩数・・・26,093、31,551、26,914計84,558歩・・・

かなり歩いた三日間です。

景色あり~の、花あり~の・・・と、楽しい山行で歩けたんでしょうね。。。

AM4:27 十勝岳登山道入り口 望岳台へ向かう途中に見えた旭岳方向

十勝岳

天気晴朗・・・波も無し?の感じです。

AM4:33 望岳台駐車場にて 上段の両端はほぼ満車(下山時中央部に一列増加)で

下側の空きスペース見つけ登山準備完了です。
 
十勝岳


AM4:58 入山届箱を見つけ 5:00入山・・・

十勝岳

望岳台のスタート地点から避難小屋までは、今回が三度目のコースです。

IMG_3998ka_convert_20140726114509.jpg

初回は高校時に大雪青年の家宿泊し研修にて前十勝岳登山・・・

AM5:17 左側に見える一昨日登った大雪山旭岳方向

十勝岳

二度目は約三十年前の7月20日(写真を後に見て気づいた日付)・・・

AM5:17 右側に見える昨日登った富良野岳

十勝岳

ソロ登山での自己撮りは、影???今日も抜かされながら登ってます。

十勝岳

結構細い影に撮れました(笑)三連休帰宅で入浴後測定したら身体年齢42歳

体脂肪18%・・・肉食べずに動いてると体脂肪が一揆に減ってしまうもんですね。

AM5:49 避難小屋が見えてきました。

十勝岳

目に入った避難小屋に周囲がなんとなく違うと思いながら居ましたが・・・

約三十年経過で小屋も変り、左にあったはずのリフトも無くなってました。

現在の小屋です。昔は丸太っぽく入り口はこっち向きだったか??? 

十勝岳

約三十年前の7月20日・・・やっぱり山の日だと思う(笑)

十勝岳

リフトは無くなり看板も無くなってたようです。

この後五年もせずに関節リュウマチ患い、年々砂利道歩行に難儀するように

なってしまい・・・登山も最初で最後?

二度目登山はガス中山行。晴れていればこの景色が見えたはずでした。

十勝岳

平成の火山活動で、現在は進入禁止の前十勝岳コースです。

AM5:58 登って来た望岳台と美瑛方向

十勝岳

AM6:04 ここから左に逸れ十勝岳登山コースへ前進です。

十勝岳

勾配がきつくなり岩の多いコースへと変ります。

参考にしてる山ブログでは、入り口から避難小屋56分 そこから擂鉢火口51分

AM6:59 急傾斜を登りながら・・・十勝岳(過去二回の前十勝岳登山時は雲中)?

十勝岳

女性の山ブログなんですが、旭岳、富良野岳共に一割程度自分が遅いんです(-_-;)

参考タイム見ながら、脚力つけなきゃ!と痛感です。

AM7:06 擂鉢火口到着・・・山行タイム107分に対し127分。

左側に並ぶ美瑛岳、美瑛富士、そして大雪山旭岳です。

十勝岳

一割じゃなかった二割強でした(-_-;)

心傷旅行ならぬ登山?景色も何もないガス中登山に色を付けたく多々撮影。

火口から頂上へ強風中を只管前進です。。。

十勝岳


十勝岳

AM7:16 擂鉢火口を振り返り

十勝岳


十勝岳

AM7:28

十勝岳

AM7:34 強風中、雪渓横を歩きながら山頂前の急登近くまで進みました。

十勝岳

十勝岳姿に、銘菓ひよこを思い浮かべ・・・

目前の急登と尾根を歩いてる小さな人姿が、乾燥したクレマチス葉で動く葉ダニのよう・・・

共に目を凝らし動きが漸くわかる大きさです。。。


火口から山頂までの山行タイム51分も、参考通りにはつかず・・・

AM7:35 目前斜面はザレ場?始めは滑るし、後は激急勾配です。

十勝岳

AM8:07 黙々と頂上を目指し一揆に登頂。 所要時間61分やっぱり二割超です。

十勝岳

混んだ頂上に広がるロケーションです。

画像上でクリックすると大きくなります(是非、見てね)。

頂上後ろへ廻り、左側方向 石狩岳方向?

十勝岳

右側方向 富良野岳の遥か後ろ方向 日高方面の山?

十勝岳

前画像の少し右側となり、富良野岳から上ホロカメットク山方向

十勝岳

再度左側方向で、美瑛岳、美瑛富士、旭岳方向です。間はオプタテシケやトムラウシ?

十勝岳

前十勝岳?登り始めた望岳台方向

十勝岳

もう一度美瑛岳、美瑛富士、大雪山旭岳方向

十勝岳

安政火口から美瑛方向・・・

十勝岳


晴天時の斜面を汗し登場目指しての山行。

登った先に大雲海が広がってる事も知らずに、目に入った展望に無言で

魅入ってました。


頂上が空き、もう一度。

十勝岳

美瑛へ足を延ばすが否か・・・先に続く登山道が、風に押され上昇雲にて見え隠れしてます。

足様子と帰路時間を考え下山です。

下山しながら、再度風景を撮りながら・・・

十勝岳


十勝岳


十勝岳


十勝岳

下山時には、火口辺りに雲が迫りこの先から雲の中です。

十勝岳

高度が下がり雲中から脱出・・・富良野の街と富良野(旧北の峰)スキー場が見えます。

十勝岳

美瑛方向?

十勝岳


約180㎞の帰路。夜中に走った往路は景色も見えず、上富良野辺りから

振り返り見えた十勝連峰の山並み・・・

「また来るよ。(美瑛岳みて)次は必ず登るよ。」と声が出た車中でした。


天候に恵まれ、毎日感動の山頂。久しぶりに、これで休日お終い!と

感じた連休になりました。


すっかり、夏山に嵌り込んでしまいました。。。

長く成ってしまいましたが、三連休記載にお付き合い頂きまして

ありがとうございます。














 十勝連峰

4 Comments

hana  

お疲れ様でした!
登り応えも見応えもあったかと思いますが、読み応えも十分。笑
そして、大感動・大感激の様子が静かに伝わってきました。
画像では伝えきれない、というのが正直なところでしょうか。
自転車もいいですが、山もいいなぁと思いました。
大自然の懐にすっぽりと包まれて、とても贅沢な3日間ですね。
すっかり山に魅せられてしまいましたね。

2014/07/26 (Sat) 20:51 | REPLY |   

miti  

お久しぶりです~

数年前に登った十勝岳と旭岳をなつかしく見せていただきました
わたしは登るのに必死であまり画像がありませんが
十勝の火山口へ出たとたん すごい風で飛ばされそうになったことも思い出しましたた~
お天気が良ければ こんな風景がみれたのですね
感動です!

今年は諸事情が許さずまだ山へは行けていけませんが 
やっぱり山は良いですね♪

2014/07/26 (Sat) 23:53 | EDIT | REPLY |   

ひかる  

hanaさんへ

おはようございます♪

冠婚葬祭と仕事を抜いて、結婚後初のソロ宿泊でした。単独、
ご夫婦、親子、家族、グループ色々な組合せで山歩きやキャン
プを楽しんでる姿に触れ、出来る時に実行しないと駄目だな~
の思いでした。何事もそうですよね。

hanaさんのブロでのゆっくり走っての満喫スタイルを考えると、
山は合うように思います。大自然の中で花と景色、虫や動物と
(自分は後者パス)楽しませてくれること間違いなしです。
食は材料と道具を背負って自分で作らないと駄目なんですが、
半日歩いてテントや小屋でゆっくりとアルコール談義も良いで
す。難はトイレになってしまいますね。便利&清潔な生活に慣
れ過ぎと痛感させられます。

hanaさんとは自転車?登山?にて再遭遇出来る事を楽しみに
しております。最後まで読んでくれありがとうです。

2014/07/27 (Sun) 05:51 | REPLY |   

ひかる  

mitiさんへ

おはようございます&お久しぶりです♪

道内に住みながら、mitiさんに遅れ登ってきた道内最高峰でした。
山やさん山ガールさん達に笑われてしまうでしょうが、興味を抱き
ながら「ヒグマが居るのによく行くよな~」で、登りたいけど山へ
入れない状態の数年でした(笑)
冬山へ入り始め出会う方々に「土日祝日は、登山客沢山だから大丈
夫だよ」と言われる度に麻痺させられ?年明けから、今回登頂の7
山含め17山になってしまいました。

好天に恵まれた三連休の山景色に、更に魅了されてます(^-^;

羊蹄山にも登られたように記憶してますが、天候に恵まれなかった
ような?先月登頂時は雲中となり展望なく下山したので、再挑戦し
たいと思ってます。遅いスタートになりましたが、動ける時に始め
良かったと考えてます。
お付き合いありがとうございます。。。

2014/07/27 (Sun) 06:17 | REPLY |   

Leave a comment