のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

富良野岳・・・①

初ソロ&テント泊からの朝です。

温泉前キャンプ場には、登山客テントと家族用テントが混在です。

早々就寝組でしたが、家族組の子供燥ぎ声やアルコール付き歓談が

何時までも続く・・・

テント内で横たわってると

「 陽が沈むころ ここから見える夕焼け

  夜中の 満天の空が 見事だぞ  」 と聞こえてきた父親言葉。



自分と子供達には無かったキャンプやアウトドアですが・・・

仕事は大切だけど、「家族関係や思い出はもっと大切だ」と思えるようになった

初老後。小さい時から、自然に触れるのは大切ですね(父親にも?)。


入山約一時間・・・AM6:08 目的地 富良野岳斜面にも朝陽が届いてます。

富良野岳等


喧噪キャンプ場でも疲れにアルコール入り体は正直で、何時の間にか夢の中です。。。


中日・・・今日も晴天の朝を迎えましたよ♪


今日も長い一日になりますが、宜しければお付き合い下さい。。。






富良野岳等

今日のコースは、

十勝岳温泉-上ホロカメットク・富良野岳分岐-富良野岳分岐-富良野岳-富良野岳分岐-

三峰山-上富良野岳-上ホロカメットク山-上富良野岳-上ホロカメットク山・富良野岳分岐-

十勝岳温泉 13.87㎞ 7:09かけのんびり登山です。


AM4:08 キャンプ場

富良野岳等


隣りテントのゴソゴソ音に併せ、朝と登山準備開始のAM2:30です。

撮影時が目的地移動?登山やの朝スタートは早いです。

既に一端のの登山者気分です(笑)


AM4:53 十勝岳温泉前駐車場 登山準備を終え、先発者を待ち・・・

富良野岳等

動物には休日関係なく早い時間は活動時間なんで、後続で入山します(笑)


PK内は白線に区切られてましたが、到着時に空いてたのは数台分(多分3~4台)。

下山時には白線外そして道路下片側に何十台も並び・・・人気の山なんですね。


AM4:55 入山届書き いよいよ入山(入山届脇樹木下にギンリョウソウ有ったけど

暗くてボケました)。

富良野岳等

初めは広い登山道を歩きます。

富良野岳等

上富良野?美瑛?方向が綺麗に見え、気分も上昇中・・・

更に進み火山帯らしき景色へと変り、奥に安政火口があるけど先が長いので

スルーです。

富良野岳等

水の無い沢?谷底?を超え、上富良野岳裾を斜め(今までを前進方向とすると

今度は後進?方向)に登り高度を上げていきます。

富良野岳等

山名を記載しながらの投稿ですが、登山時は目前の山名も分からず・・・

最初に向かう富良野岳が、どの山なのか?上ホロカメットク山や上富良野岳

そして三峰山斜面の尾根に、現在歩いてるのはどの山の尾根?

この先は、足元の登山道を伝い時折GPSコース確認そして先駆者を見ながら

進む状態でした。

AM5:48 西斜面に朝陽が当らない時間から、山頂を超え見え始めた太陽。

富良野岳等

薄暗かったコースや目前の山斜面に朝陽を浴び、更に気分は上々です。

富良野岳等

 「 山へ行こう 次の日曜

   ・・・

   胸まである 草分けて

   ぐんぐん進む 背中を追いかけていた

   ・・・

   晴れたらいいね  

   晴れたらいいね♪ 」 ドリカム 晴れたら良いね モードです。

富良野岳等

けっして「ある~日 森の中♪」とか「すーごい 男が居たもんだー 山でばったり・・・」

じゃないです。

急登に作られた階段・・・登りも降りも階段は苦手です(足負担が大きいような?)。

富良野岳等


大きな石に倒れた樹木や根があり障害物を越え、時折耳を澄ましたり振り返って

確認。先行者休憩時と交わす挨拶や・・・

「さっきの○○で、ナキウサギに会いましたか?去年も○○に居て、この先にも~」

情報交換。鳴き声らしきものは、聞えてるけど姿を見つけられない自分です。

それでも、撮影は出来なかったけど別場所で初遭遇した山になりました。

エゾノツガザクラ

富良野岳等


AM6:34 入山後一時間四十分経過・・・最初目的地までの半分を超えた辺りです。

富良野岳等


先が長い登山行・・・富良野岳等は、ここで一区切りです。今回も三編になりそうな進捗です。。。


花とロケーションに感動させられ、初登山にしてお気に入りピックアップの富良野岳です。。。






























 十勝連峰

0 Comments

Leave a comment