のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

恵庭岳・・・

好天の週末となり、先週に続いての二度目の夏山登山です。

見晴台から見る支笏湖(中央辺りが支笏湖畔で、左側が冬登山した紋別岳)。

恵庭岳


登山道の多くが森林中となり、展望が開けずの急登多々。

登り約二時間半、下山約二時間の行程を楽しんで来た日曜です。




入山届から2:27分で登った第二見晴台(現在の山頂?偽ピーク)からの展望。

恵庭岳


時間経過と共に支笏湖が青くなり、左から戦闘機による飛行機雲が伸びてます。


先週登頂の樽前山と風不死岳の支笏湖対岸にそびえる恵庭岳(7:58撮影)。

靄も薄くなり快晴の空に、気分も上々・・・

恵庭岳


往路で見た人数に、「運動会???それにしても人が多すぎる・・・」と思ってると

道路脇に立ってた「千歳国際マラソン」看板に納得・・・凄い人数ですね。

動画で見る富士山やアルプス登山人数にも、ビックリしてます。。。




8時頃到着の登山道入り口は、駐車スペースもほぼ満杯となり空間探し駐車です。

登山届を行い入山し、初めての登山道に進路が???トレースに従い歩いてる

つもりなんですが、先細り状態となり辺りを見渡し登山道へ戻る事・・・二回。

初心者には分かり難い登山道と感じました(復路の下山専用記載を見落としです)。


自生クレマチス(ミヤマハンショウヅル)・・・

恵庭岳


開花前でしたが自生クレマチスとの初対面でした。


殆どが林道内の登山道。

恵庭岳

ピンク系のミヤマエンレイソウ発見。

恵庭岳

山野草の女王・シラネアオイ。

恵庭岳


群生地もあるんですが登山道脇等の傾斜地で標準レンズのみで撮らず・・・

恵庭岳

色の濃淡もありますね。


急登となり補助ロープがある登山道。

恵庭岳


上り専用看板は分かったけど、下り線用看板を見過ごしてしまい

ロープ利用登坂者を三人待つ事数分?十分?

更に数名の待機者が見え、結構かかりそう・・・の思いに、

「以前は下り専用コースがあった筈なんですが、無くなったんですかね?」

の登坂者の声に一寸戻ると分岐がありました(-_-;)



サンカヨウ

恵庭岳



スミレ、ツバメオモト、エンレイソウ、ミヤマエンレイソウ、ツツジ等を見ながら

やっと見えてきた支笏湖。中央の茶色部分辺りから上が恵庭岳の爆裂火口です。

恵庭岳



少しづつ開けてきた展望に「もう少しだ頑張ろう」の仕切り直したら直ぐに上が

第一見晴台でした。

恵庭岳


見晴台からの山頂岩峰。

遠方が霞んでますが快晴の空と湖面に・・・・「来て、良かった♪」

恵庭岳


水分補給し、看板見ると「これから先の第二見晴台までは更に急登が続きます」らしき

事が書かれてたので、未装着のスパッツを付け再スタートです。

(今日は暑くなると思ってのタイツにハーフパンツ姿。 これだと、靴内に小石が入っちゃうんですね。)

同時に出たご夫婦に「遅いので、先に行って下さい」と譲られ、第二見晴台までの

時間を聞くと約40分程度との事。

恵庭岳

火口の右側を周り込む登山道に、支笏湖側の景色が消え時折山頂や逆側の

オコタンペ湖や蝦夷富士(羊蹄山)が樹木間から見える景色を楽しんでると登頂。


恵庭岳


山頂看板ですが岩峰崩落危険の為に、第二見晴台に置かれてる看板です。

GPSで1203m表示になってた位地です。

時折見えてた蝦夷富士を山頂から撮影。

恵庭岳


手前の小漁り岳?の更に手前下にオコタンペ湖がありますが見えず・・・

途中で撮ったオコタンペ湖です。

恵庭岳

秘境の湖とも言われてるとやら???


目前に岩峰が見えてますが二十年程前の地震で崩落や亀裂が生じ、現在は

「これから先は自己責任にて入って下さい」らしき記載がありロープが張られてます。


恵庭岳


岩峰にロープが張られ登れるようなんですが、50m超の崖地もあるとか・・・

台地があり転落しない高所は良いけど崖地は無理だし、ど素人が無理して

迷惑かけても大変なのでここで終了です。


山頂で何時ものアンパン食べながら・・・

恵庭岳


下山時の見晴台から・・・

恵庭岳


肉眼では、もっと青く支笏湖ブルーだったんですが・・・色補正した方が良いんでしょうか???


今回の軌跡です。

kiseki


入山     8:17      登頂10:40 (GPS1204.19m)

下山開始 10:44      下山12:34

花も見れ見晴台からの展望にも感動。・・・また登るかは分からないと感じたんです。

好みは展望が開けてる山なのかな???



















 支笏・洞爺湖方面

0 Comments

Leave a comment