のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

藻岩山・・・

朝介護を終えての朝業務中に「何処へ行こうか?」の思案。

早々に終らせライブビューや天気予報を見ながら、藻岩山決定です。

思案する必要もないような決定に、何時ものコースは徒歩九千歩程度なので

少し長い「旭山記念公園コース」を歩いて来ました。


旭山記念公園コース


画像左側の鉄塔が立ってる場所が藻岩山頂。

何時もより1キロ程長く起伏が多あり、馬の瀬?(尾根沿い)を

歩きながらの眺望は、何時ものコースより良いコースに感じます。

初めてのコースに、登山口はどこ?状態で駐車場で登山準備。

第2駐車場は未除雪で、第1駐車場から少し下り~

旭山記念公園コース


雪上の足跡を辿ろうとしてたら・・・

画像の雪に埋まった階段方向と左側のトイレ側方向への二経路に???

とりあえず左側方向から登り始めです。

旭山記念公園コース


青空が見え、入り口辺りにの白樺林に何時もと違う雰囲気♪

足跡が続いてるので大丈夫だろうと・・・


旭山記念公園コース



赤い熊出没注意看板にも大分慣れ、出没時期を確認すると「11月25日」。

三か月ほど前は比較的新しいけど、一年以上前の看板もある???

古いのは、恐怖心だけを煽ってるようで考えものでは???


旭山記念公園コース


そんな事を思いながら進んでましたが、早々に想像以上の急坂出現。

旭山記念「公園」コースの「公園」が付く事で(登山口名称なんですけどね)、

とてもお気楽モードだったんですが、

旭山記念公園コース


軽アイゼン装着で登山再開です。

入り口が解らずの入山でしたが、第一駐車場から公園経由と自分が辿った

第二駐車場から自然歩道へ入る二経路にて尾根へ行けます(復路は公園側経路)。

旭山記念公園コース


先行者が僅かだったトレースでしたが、二経路からの人が重なり歩きやすくなりました。



旭山記念公園コース



左側の街並みや右側の原始林光景を楽しみ、コースは前側の尾根を辿り・・・

旭山記念公園コース


ご来光登山等を行う方も居るけど、暗かったら落ちそう。


旭山記念公園コース


何時ものコースは、前側尾根の下辺りだと思います。


旭山記念公園コース


起伏に富んだは、登ったり降りたり~


旭山記念公園コース


分岐にて別からのルート。吹雪だった昨日で、人の少ないコースは大変そうです。


kaP1020850_convert_20140201171159.jpg


大分、近づいて来たけど目前にもう一つ山が出現。

降雪後の一キロほど長い距離に起伏のあるコースに足が重くなり、

体力が落ちた?歳取った(4日前が誕生日)?と思いながら、クテク前進。


旭山記念公園コース


急坂登って頭を上げ目に入った鉄塔に、何時もより「着いた!」感が湧き

山頂へ行くと、画像施設前で子供含めた家族連れの「ハイ、ポーズ♪」&

「○◇×★・・・」の異国言葉に、「ただの観光地だよな~」と思ってしまった(笑)


介護当番の長女に帰るコール。

「予定変えて旭山公園から入り、やっと到着したよ。これから下山するね。」


旭山記念公園コース


下山と言いながら、起伏で登っては降りを繰り返す事4~5回。


旭山記念公園コース



途中の分岐から違う道を辿り公園側入り口へ下山です。

看板表示3.9㎞。往復約一万三千歩。


アウターを脱ぎフリース上着時に尾根で吹付けられた冷たい風が、

とても気持ちよく感じた氷点下5度前後(体感は10度以下?)。



帰宅してからの風呂が凄く気持ちよかった冬山歩きでした。








 札幌近郊

0 Comments

Leave a comment