のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

つきさっぷ郷土資料館・・・

昭和16年北部軍司令官官邸として建築。戦後は占領軍接収の後の昭和28年から58年まで、

北海道大学の月寒学寮として使用され昭和60年に資料館として開館されてます。


つきさっぷ郷土資料館


つきさっぷ=現「月寒」・・・

1871(明治4年)岩手県人44戸144名入植。開拓使が月寒(つきさっぷ)村と命名。

1881(明治14年)吉田善太郎が二里塚開拓。明治24年農業用水路を完成(現在の吉田川)。

吉田用水記念碑
(昨日(10/28)通った厚別川横にある用水記念碑)

1896(明治29年)月寒に歩・砲・工兵の野戦独立大隊が置かれる。

1902(明治35年)豊平・月寒・平岸の3村合併で豊平村になる。

1906(明治39年)羊ケ丘に農商務省種牛牧場開設(現在の札幌ドーム含めた辺り)。

1940(昭和15年)月寒に北部軍司令部が置かれる。

1961(昭和36年)豊平町が札幌市に合併。

        

展示資料約4千点で、農耕・林業、生活、旧軍隊、古文書の4部門に分け展示されてます。

すべて運営部員がボランティアの活動で行われてる資料館で、

4~12月第一週までの水・土曜 午前10時から午後4時の開館です。


第二展示室資料~

つきさっぷ郷土資料館

この黒い右下へ向かう斜め線・・・これは第二次世界大戦敗戦時にソ連が北北海道領有を目論んだ

位置を示した線です。

何十年も前に、聞いた記憶が残ってましたが地図上に示した線を見ながら・・・

呼び戻そう北方領土!に、北方領土だけで済んで良かった?とさえ感じるような線引き。

南サハリンの日本?ソ連?共同?そしてソ連でロシア・・・これも凄いと感じるけど、

世界には、このような場所も沢山あるんでしょうね。

日本が言う終戦日8/15の僅か数日前進行。日付と位置が記載された資料なども展示されてます。

つきさっぷ郷土資料館


こんな資料も~

つきさっぷ郷土資料館

第二次世界大戦前の地元軍人の戦死者数記載。

少ない?多い?どう考えるべきなのか???現代兵器使用だとどうなってしまうのか?

最近では、無人飛行機だ何だと人が乗らずに進入するとかミサイルとか・・・

攻撃側には心の痛みがあっても身体の痛みがない?

更に進化すると戦争=ゲーム???恐ろしい時代です。。。



二代目軍司令官 樋口李一郎中将の書

つきさっぷ郷土資料館


左五体目は樋口中将の実際の軍服との事。

つきさっぷ郷土資料館


ポーランドや満州への赴任を経ての北方軍指令在任。

ナチス・ドイツの反ユダヤ政策批判や満州疎開斡旋などを行い、スターリンが戦犯指名した際に

世界ユダヤ協会が動き世界的規模で樋口救出運動が展開されてます。

つきさっぷ郷土資料館


物騒な銃等の横に立った「木銃」・・・市民はこれで戦おうとした?させられた?


つきさっぷ郷土資料館

今回も短時間訪問ですが、凄い量の展示物に圧倒され・・・勉強してから再訪問予定?

つきさっぷ郷土資料館


沢山の軍関係展示物~

つきさっぷ郷土資料館

撮影後ろ側にはアッツ島玉砕時を思い浮かべた絵画展示~

つきさっぷ郷土資料館

先週訪問の旧北海道道庁内展示のサハリンや北方領土・・・



戦争が終った後に、北方で生まれた世代一人。

両親世代においても、空襲等の戦争体験が殆どない田舎町育ち。

学校の歴史教育でも、現代史は駆け足で進み戦争について何も知らない世代???

最近の出来事を思いながら、正しい歴史教育が必要と切に思ってます。


二階ホールで見つけた「札幌文庫」(左側の水色系)~

つきさっぷ郷土資料館 つきさっぷ郷土資料館

ブログ内のどこかに記載した、消防望楼と狸小路横創成川でのミニエッフェル塔?・・・

札幌文庫「狸小路」編の中に昭和27年?広告塔建築。塔下側が写った画像が有りました。



 歴探

0 Comments

Leave a comment