のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

ぽろたびⅣ・・・

Ⅳタイトルの今回は、中島公園を起点に電車通り界隈をサイクリングしました。

冊子を見ながらの進む道に、次々に「アレッ?」と思う光景が目に入り過去の記憶を辿りながらの

散策に成りました。



起点の豊平館~画像横では、芝生等で寝転がってる方や芝生上で昼食中方々の大きな声が飛び交ってました。

豊平館

今回で、今年三度目?四度目?

札幌の文化財課編集本に載ってる文化財(この後ろにある日本庭園内施設)を見逃しての再訪問です。


「行って来るね~」に、次女「お昼ご飯要らないの?」

「おにぎり買って食べるよ」と出かけ、豊平館前のベンチで握り飯昼食でした。


気温が上がり、出来るだけ汗が出ないようにペダルをゆっくり漕いでの移動。

途中で寄った公園~

月寒公園

沢山の鴨が昼寝?餌を求め?様々・・・「カモメは海」と思ってる自分です。

我が家上を飛ぶカモメに「海じゃないのに~」と感じてますが、飛んだら直ぐなんでしょうね。

先日の旭川から逃げたフラミンゴが小樽、そしてオホーツク移動ですもね。

カモメ記載してますが、カモメ?ウミネコ?この辺が分らないエリアで育ってます。

月寒公園 月寒公園



「八窓庵」(旧舎那院忘筌)-江戸初期頃に長浜に建てられた建築物です。


八窓庵



小堀遠州が設計したと伝えられる茶室。

滋賀県長浜にあった茶室を札幌の実業家が購入し、大正8年に移築・・・

新たに三分庵などの茶室が付設され現在の姿になってるとの事。


八窓庵


関守石

八窓庵


露地の飛び石などに据えられる石で、棕櫚縄や蕨縄で十字に結んだ小石です。

茶道の世界で「これより先に入る事は、ご遠慮下さい」の意味で置かれてます。


八窓庵

秀吉の時代ではないですが、長浜から札幌へ運ばれて再築。そして後に、この地に移築。

歴史の無い北海道と思ってましたが、色々な建築物&建造物があるんですね。


ここから中央区南西側の条丁目界隈巡りへ・・・


①最初に大正15年建築の母屋:木造建築 蔵:コンクリートブロック造 住宅見学。

内部観覧不可で塀も高く、画像無しです。


②日本福音ルーテル札幌教会

日本福音メーテル札幌教会

フィンランド宣教師らにより昭和9年に建築。

石造作りの正面と側面の下見板そして赤い屋根が印象的な建造物。


③めばえ幼稚園

めばえ幼稚園

昭和11年建築で、右奥に見える建物が②の教会です。

南側を見れずに移動しましたが、中庭から採光を取り入れる為に大きな窓が造られた建物です。



④旧北星女学校宣教師館(北星学園創立百年記念館)

旧北星女学校宣教師館

大正15年の木造建築物です。女性宣教師の住居として、ウィリアム・M・ヴォーリズ(米)が設計し、

マックス・ヒンデル(スイス)が引継完成。

急勾配の大屋根や光を取り込む南向きの大きな窓と、雪国の建築手法が取り入れられてます。

移設復元した平成元年に、外館の色も復元されたとの事です。


④から見える札幌医大

札幌医大

家内のリュウマチ通院が隣で、脳幹出血発症後毎日通った病院です。


⑤旧藪商事会社ビル(三誠ビル)

三誠ビル

大正13年建築 市内に現存する鉄筋コンクリート造で、一番古いビルです。



⑥永井邸

永井邸 永井邸

昭和6年 木造建築 

北大医学部の永井教授自邸として建て、ドイツ留学経験から自ら作ったプランと言われてます。

黒塗りの下見板に白塗り窓枠が街中で目立ちます。




豊平館から少しだけ足を伸ばしてのつもりが、往復約35kmになってしまいました。



帰路は、白石区から厚別区へ抜けるサイクリングロードから平岡団地内の自転車道路~


平岡団地内


流石に足がダルダルの帰路で、途中2箇所で小休止のサイクリングでした。


文化財や景観資産等の訪問で、当時は全く気づかずの第2?第3?遭遇を知った・・・

三十数年前に訪問した学園際。

三十年前に営業訪問で車を停めた幼稚園前。

約八年前に連日通った病院。

六年前に弁護士からの連絡に数回寄った古いビル。

色々な機会に訪問等をしていながら・・・一寸、過去を振り替えして貰った「ぽろたび」でした。





 歴探

0 Comments

Leave a comment