のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

ぽろたびⅢ・・・

ブロ友の皆さんが、若しも来札されたら・・・何処へ行きたいのか?

一番はガーデン?二番は食事?そして三番が史跡や風景?

そんな想像を巡らす「ぽろたび」も今回で三回目です。。。

日曜でドニチカキップを利用しての地下鉄移動・・・

西区(琴似界隈)、東区(バスセンター界隈)、北区(北18条界隈)の散策です。。。


北海道大学農学部第二農場

(エルムトンネルが出来る前後共に、この施設前を通ってましたが文化財敷地へ入るのは初です)


進学と同時に居住した札幌。

学生時に2箇所、社会に出て6箇所(寮の移動や転勤者住宅へ移動等の会社都合)等で、

南区、東区、東区、中央区、東区、東区、南区、豊平区(後に清田区分区)移動・・・

市内も転々、県外も転々~に関東2県も住み、会社移動費負担に引越し貧乏を体験させて貰ったような???


初居住から約三十年経過で、少しだけ札幌を知り始めたこの頃です。。。

SW琴似駅へ・・・

最初の目的建築物が「琴似屯田兵屋」~140番兵屋

琴似屯田兵屋

駅近くに140番(北海道指定)と133番(国指定)兵屋があり、先に140番訪問。

琴似屯田兵屋

この標識の「50m」を信じ、神社境内へ入るけど・・・見つからないんです。

目測?歩測?で約50m辺りには、

琴似屯田兵屋 琴似屯田兵屋

この石碑等があるけど・・・。

近くに、別建築物等が老築により取り壊した案内看板?

「無くなった?」の思いで、133番へ情報仕入れで漸く見つけた140番でした。

突当りの本殿横~

琴似屯田兵屋

入口があるけど右の樹木に隠れて見えず、標識から百m以上あるような???

格子戸をくぐり抜け~♪でカメラを向けると・・・スズメ蜂!

当時の生活道具が置かれてるけど奥は見えないし入れない~裏窓から覗くと、室内はスズメ蜂遊覧中?

琴似屯田兵屋

明治7年建築で当時の生活道具や機械が展示されてます。


133番兵屋

琴似屯田兵村兵屋跡

兵屋後ろの畑のトウキビ、ジャガイモ、ニンジン等

琴似屯田兵村兵屋跡

後ろ側~下見板状態の違いに「国」「道」の違い???と感じます。。。

琴似屯田兵村兵屋跡


JR駅方向へ・・・

琴似駅北国から見える「日本食品製造合資会社旧工場」~

日本食品製造合資会社旧工場

昭和初期に建てられ、日本で初めてスイートコーン缶詰などの野菜缶詰を作った工場。

日本食品製造合資会社旧工場

創業者がサクラメント(カルフォニア州)の缶詰工場造形に魅せられ、帰国後に作った建築物です。


数年ぶりの琴似界隈・・・前からのラーメン激戦区が更に拍車がかかったような???

ラーメン店がやたらと多いエリアです。


方向を東へ変え、SWバスセンター前(東西線)へ・・・


カトリック北一条教会聖堂

カトリック北一条教会

大正5年建築物。

札幌のカトリック布教は、明治14年、植物採集家としても知られるフォリー神父によって始められ、

その後ラフォン神父により聖堂が建築されたとの事。

ロマネスク風の中央の塔やゴシック風の小尖塔が、中世ヨーロッパの教会風の説明文です。



カトリック北一条教会


お隣の司祭館カテドラルホール

カトリック北一条教会


札幌軟石使用の明治31年建築物です。


あっちへこっちへと行きたかった日曜でしたが、久しぶりの真夏日になり一万歩超えの足・・・

北方面の一箇所を最後の場所としました。

SW南北線「北18条駅」へ~


北海道大学農学部第二農場

北海道大学農学部第二農場

明治9年9月、W.Sクラーク先生の大農場経営構想によって、一戸の酪農家をイメージした模範農場として発足。


北海道大学農学部第二農場

大学拡大や都市化影響で縮小し、昭和42年に研究終了。


北海道大学農学部第二農場 北海道大学農学部第二農場

エルムの鐘。種牛舎、僕牛舎、穀物庫、秤量所、釜場、生乳所などが保存されてます。


北海道大学農学部第二農場 北海道大学農学部第二農場



北海道大学農学部第二農場 北海道大学農学部第二農場


北海道大学農学部第二農場


穀物庫に小動物等が上らないような工夫諸々・・・

レンガや軟石に硬石と、歴史建築物の姿を楽しみ・・・学生に戻ったような???です。








 歴探

0 Comments

Leave a comment