のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

ぽろたびⅡ・・・

山野草を求め歩いた郊外公園散策から、札幌の歴史建造物巡りに発展した「ぽろたび」・・・

今回は、南区方面へ足を伸ばす途中の豊平区西岡を含めての車移動による散策です。


石山緑地~

石山緑地

市内の歴史建造物の多くに使用されてる札幌軟石。

この緑地は軟石採掘跡を利用して作られた公園です。


石山緑地


彫刻家「サンク」が設計した芸術性の高い公園との事。

緑地奥側へ進むと(市中心部を基点にして)、札幌芸術の森や滝野すずらん公園へも繋がってます。


硬石山

硬石山

豊平川が手前に流れる硬石山辺りを撮ったつもりです。

山付近の地名が、硬石山だった筈・・・現在も採掘中の施設があるので間違いなし???


軟石・・・旧石山郵便局、札幌市資料館、カトリック北一条教会司祭館カテドラホール、
     
     八紘学園資料館(サイロ)等に使用

硬石・・・豊平館、北海道庁旧本庁舎の土台石等に使用


大正後半頃に、レンガ造や軟石造から鉄筋コンクリート造へと移行してますが、

それまでの貴重な建築資材を掘出し・・・「石山」地名が残ってる辺りです。
南区方面へ向かう道中にて・・・

豊平区西岡の旧沼田家りんご倉庫(現在はろいず珈琲館)

旧沼田家りんご倉庫(ろいず珈琲館)

昭和30年代までりんご栽培が盛んだった地域で、当時のレンガ造建築物が残ってます。


こちらは、民間敷地内に残ってる倉庫~

沼田家住宅旧りんご倉庫


沼田家住宅旧りんご倉庫


レンガが「小端空間積み」の積み方で壁内に空間を作り、室内の保温を高める効果がある作り方です。

フランス積み、イギリス積み、アメリカ積み、長手積みがあり・・・壁面模様が変ります。


今日の散策「区」南区へ足を向け・・・


エドウィン・ダン記念館~

エドウィン・ダン像(峯孝氏作)

エドウィン・ダン記念館

明治8年に北海道七重官園に4ヶ月出張となった後、七重の方と後に正式結婚。

翌年(9)に札幌官園転勤。真駒内牧牛場の建設着手し翌年(10)に牧牛場の業務開始。

翌年(11)新冠牧場整備。馬の改良に務め場産地日高の基礎を築く。

15年に開拓使廃止により、12月に北海道を離れる。

・・・中略・・・

故郷オハイオへ戻り、17年に再度来日・・・33年に直江津(現、新潟県上越)にて石油会社設立。



記念館

エドウィン・ダン記念館


洋風テラスの前に広がる公園・・・当時は???

エドウィン・ダン記念館 エドウィン・ダン記念館


記念館内部は資料館・・・

エドウィン・ダン記念館


旧真駒内牧牛用水路

エドウィン・ダン記念館

明治12年にエドウィン・ダン牧場で掘削された用水路が流れ、

真駒内だけでなく、平岸や豊平、白石の水田にも寄与。

現在、一部は真駒内団地(五輪団地)の緑道になってます。

航空写真等もありましたが、自衛隊真駒内駐屯地も牧場で当時の面影が残ってるように感じます。

初めての札幌在住地がSW地下鉄自衛隊駅徒歩1~2分。SW真駒内駅乗換えにて大学へ。

就職一年目に、真駒内団地の飛び込み営業を命じられ・・・非効率な営業手法にパワハラ?虐め?

なんて思いで三千件訪問。冷たい罵倒にも慣れる?麻痺する?そんな就職初年度。

思い出多々のエリアになってますが、この歴史を知らずにいた三十年です(^_^.)


記念館を後にし石山方面へ・・・


旧石切山駅

旧石切山駅

大正7年から昭和44年まで走ってた定山渓鉄道の唯一残ってる駅舎。

微かな薄れた記憶・・・家族で定山渓へ行った時に豊平駅から乗車(逆算すると小学生前)。

豊平駅は、鉄道廃止後にも事務所で使用されてましたが・・・

現在はマンションが建ち面影が無くなってしまいました。

石や木材そして定山渓への旅客運搬。豊平基点とは逆の東札幌や白石にも少し伸びた時期が???

東札幌辺りには旧千歳線が走ってましたが、現在の新札幌から厚別付近へ迂回し函館本線へ・・・

その線路跡地が、昨日利用したサイクリングロードへと変身してます。


それでは奥へ・・・(札幌の奥座敷と呼ばれるのは定山渓ですが、今回はかなり手前まで)


旧黒岩家住宅(旧簾舞通行屋)

旧黒岩家住宅

明治4年に定山渓経由で有珠に通じる「本願寺道路」開通し、翌年に建てられた通行屋(宿泊、休憩所)で、

明治6年に札幌本道完成で、通行者が減ったようです。

春に寄った駅逓所での談「当時は函館まで2泊3日」室蘭から砂原まで船(汽船だった?)利用。


旧黒岩家住宅 旧黒岩家住宅

左は明治末期の多発する山火事を危惧し、大正11年7月に簾舞防火組織設立した時の火の見櫓。


旧黒岩家住宅

内部観覧も自由で、驚いたのは熊の敷物の大きさでした。

エドウィン・ダン資料館に記載されてたのはエゾ狼による牧牛被害。当時は狼も熊も・・・

熊は、現在もですね。


寄道~十五島公園。昭和29年開園で当時は鉄道も利用出来ました。

十五島公園

水量の少ない時期?ジンギスカン諸々で焼肉中の家族や若者が一杯。

社会人一年生時に連れて行って貰った公園です。

首都圏転勤の年に「社員皆で出かけよう!」と7時出発で11時前後到着。

到着地は奥多摩で、札幌出身の我々五人が「四時間掛けて十五島公園?」・・・その公園です。



車散策で徒歩数が少ない~と、もう一箇所。

学生時に横を通った公園~藻南公園。今回が初めて?二度目?そのような回数です。

藻南公園

豊平川沿いの公園で、渓流のような川の始まり場所です。

記念館で戴いたパンフ記載に、同級生から昔聞いたような???

花魁淵~

花魁淵

明治時代、人生を悲観した花魁が身を投じたという伝説の場所です。

対岸に立ってる看板には、

「吉原から見受けされてきた花魁が、話と違うあまりの寂しさに

 世をはかなみあって着飾って身を投じた・・・」

と記されてます。

公園内は樹木で鬱蒼とし、淵は何処?撮影場所は?と求め歩きながら・・・

公園内のバーベキュー場所~

藻南公園

ここを通りすぎ、何処何処?と通行してた方(女性)に聞くと

「私も行く所なので、良ければご一緒に・・・

 お地蔵さんが立ってて、数年前に子供さんが溺れ亡くなったので手を合わせに

 言ってるんです・・・」案内時の会話に、子供さんとこの方は???

樹木間から覗いても崖は見えずで別場所移動・・・

しかしながら、バーベキュー場所と身投げ場所が対岸・・・なんと言うのか???


この界隈は、二十年ほど前に居住した事もあるエリアでしたが、

石山緑地や藻南公園の奥側が整備されてました。

ラベンダー栽培発祥地、滝野すずらん公園、札幌芸術の森・・・

「南区花街道 花めぐり

このようなパンフレットがある「南区」です。

来春の楽しみが増えたような「ぽろたび」でした。。。



 歴探

0 Comments

Leave a comment