のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

滝野の森(3)

今シーズンに入り、平日3回そして今回の日曜日で四回目の国営滝野すずらん公園です。

無料エリアの渓流ゾーンで、初見になった滝3箇所と大感動のシラネアオイ群生との出会い~



滝野公園


今回の四度は、過去によったガーデン等を除いて散策してますが・・・

ひろ~い園内を廻るには、何回来園したら良いのか???そんな公園です。。。

滝野の森・西エリア散策の最終分・・・



(1)オオアマドコロ

オオアマドコロ



(2)ウルシ

ウルシ


ここにもありますか?と聞き示してくれましたが・・・

赤くないと分からない自分~

「結構、赤くなってますよ」と言うガイドさんで、蔓等が他植物より紅が乗ってる???


(3)ホオノキ

ホオノキ


「まだ咲いてませんが、ホオノキです。

 綺麗な花が咲くんですよ。

 見ると皆さんが感激し・・・なんて言うでしょうか?」

当たり前の「ホォー!」を平気で言うガイドさん年齢に自分年齢です。

極普通の駄洒落にも年齢を感じてしまう・・・(^_^.)

ボランティアのガイドさんが~

アルバム

画像の時は、鳥の巣が有った場所で「オオルリの巣なんですよ」と見せてくれた写真。

個々に用意し分かり易い説明を行ってくれるんです。

ホオノキの時も花写真を見せてくれての説明でした。


(4)シラカバ

白樺


「この位置に立って、○と△の間を見て下さい。

 アバノカバタケとその下にある穴はヤマゼミが開けた穴です。

 癌に効くと言われ、ノーベル賞受賞者の小説にも~」

なんて聞きながら、この大きさで数千円でしょうか???


(5)観察デッキ

観察デッキ


こんな施設もあり、流石国営!なんて思ってしまうのですが・・・だって入園料が400円ですよ。。。


(6)軟石

札幌軟石


中心の奥に見える石が札幌軟石です。

大正初期に石山地区で発見され、加工のし易さや軽さ等から建築資材として第二次世界大戦頃まで

建築物に使われてました。

小樽運河の蔵や札幌の資料館etc・・・コンクリートブロックが普及するまで使われたものです。

四十年ほど前の支笏湖(カルデラ湖)の火山活動気に流れた溶岩で、

この場所は、直線距離では十数キロ程度らしいです。



(7)オヒョウ(ニレ)

オヒョウ


葉先が珍しく山へ入ると目印に成りやすい樹木。

昔の給食時に使われた先割れスプーンのような葉先です。


(8)ツルアジサイ

ツルアジサイ



(9)ヤマブドウ

ヤマブドウ


これも自生してるんですか?で教えて貰った山葡萄・・・


(10)ヤマブドウ

ヤマブドウ

「ぶら下がってるのがヤマブドウの蔓です。

 自ら巻き付き登る植物じゃないんですよ。

 樹が小さい時に絡みつき、生長に合わせて大きくなってる植物です・・・」


(11)チシ類?

チシ類?


何が付いてるのか?で聞いたのが、この言葉のようでしたが・・・


他にも沢山の動植物説明を聞きながらの約二時間半でした。

一人散策では、判らない事や見落としてしまう植物達の開花等を教えて戴きながら・・・

貴重な知識と時間を分けて貰えたように感じます。


ボランティアのガイドさん、ありがとうございました。。。


西エリアを後に~

(12)すずらんの丘展望台

すずらんの丘展望台


360度を見渡せる展望台です。ガラスに後ろガラスが写ってしまいましたが・・・

何となく、地球が丸い事を理解できるような展望台でした。

画像方向は、多分手稲山方向で中央下部が日本海の石狩湾辺り・・・

道央圏周りの山々がぐるっと見渡せる展望台でした。

(13)南駐車場

南駐車場


背方向には、10台以上?程度?の車がありましたが・・・

180台分の駐車場が、好天の日曜でこの状態。

市内の運動会等もあったけど、これだけの施設等でこの状態なのが勿体なく感じます。

仕分けられる事がなく、何時までも残る施設であって欲しいと願う散策でした。


是非、訪問される事をお薦め致します。。。






 トレッキング

0 Comments

Leave a comment