のんびりガーデニング

ガーデニングスタートでしたが、現在は写真、自転車、トレッキング、バードハイク等々ジャンル多々にて気儘に投稿中です。宜しくお願い致します。

諦めないで・・・

気温13度曇天の札幌です。。。
昨日から今朝にかけ、芸能界鴛鴦夫婦で有名な南田洋子さんの危篤にご主人の長門裕之さんの談話が流れてます。様態等を話されてましたが、最後まで諦めないで欲しいと願ってます。。。

画像は今年楽しませてくれたヴィオルナ系の壺たちです。

テキセンシススカーレット



長門さんの談話に「一生分のキスを、顔の形が変わるほどに~」と聞きながら目頭が熱くなり、妻が倒れた時の事を思い出してしまいました。

福祉&介護カテゴリを見た中~妻の発症について未記載?だったようですが、脳幹部出血による後遺症で現在の闘病へと至ってます。

茜の壺



在宅業務に切り替え間もなくの出来事でしたが、リッキーの散歩から戻ろうと目前の車庫前で発症して倒れ・・・通行中の運転手さんが発見し隣宅に駆け込み隣の奥さんが知らせてくれました。
電話中だった自分が直ぐに出られず長女が先に駆けつけ、その後に自分が・・・目前に倒れた妻が居て隣の奥さんが一所懸命に妻を呼んでる姿~この時に声を出せなかった自分をハッキリ覚えてます(意識が戻るまでの間~どうして声を掛けてあげれなかったんだ?と凄い後悔でした)。
自分が駆けつけた時には目を開けてた妻でしたが時間と共に目を閉じ~発見してくれた運転手さんが呼んでくれた救急車のサイレンが聞こえ始め~病院へと向かいましたが、車中での様態が二十数年前に亡くなった父(くも膜下出血)の様態と殆ど同じでした。。。

父の時は夕方に倒れて田舎から札幌の脳神経外科に搬送され「今晩持てば早朝に手術~」と言われてましたが夜中に3度の破裂?出血~手を握り体を抑えてましたが、破裂時に体が硬直?上半身が起き上がろうとしたのを今でも忘れることができません。

キングスドリーム



病院到着後、直ぐに処置開始~どれほどの時間が経過してるのかも分からずに独りで待ち続け、この時は悪い想像と走馬灯のように過去の思い出が余技る自分でした。。。
処置完了後に処置室に入ったように思うのですが・・・医師との面談までの記憶が飛んでます(^_^.)

這沢



処置完了後の医師との会話で「手術が出来ない場所の出血です。山場は2~3日で持ち越した後は意識が戻る事がないでしょう。(言葉が定かでないのですが、このような内容でした)」と伝えられ「それって持ち越しても植物人間と言う事ですか?」に医師から「ハイ」の返答に、次々と涙が溢れてました(看護師さんがティッシュを渡してくれたのは覚えてます)。。。

その後は子供と両親へ連絡したのですが、空虚な状態だったのか?この時に話した記憶が飛んでる自分です(^_^.)
医師からの言葉を両親等へ看護に当たりましたが、身内の誰一人として医師の言葉を信じられずに居たように思います。。。

ポンパドールピンク



発症後3日後に水痘症?の恐れ(脳の腫れ等で脳障害の恐れ?)が考えられるとの事で脳室ドレナージ(頭に穴を開ける手術)と呼吸確保で気管切開術を行いました。当時の最初に戴いた入院診療計画書を見ると「保存的治療」記載~命の保存的治療だったんですね。

このような闘病&看護状態が始まりましたが・・・闘病7日目の午前11頃に「瞼が開いた」と看護に行った両親から連絡が入り、飛んで行きましが開眼状態に遭遇出来ず~頭に入れた管が取れたのが術後11日後で、更に2日後に二度目の開眼(闘病手帳を見ると~)・・・しかしながら見えてるのか頭の中が正常なのかが一切分からずの状態でした。。。

夕霧



二度目の開眼後、翌日には処置室から病室へ移動(入院17日目)となり~意識がある?戻ってる?分かってる?と絶対言わない医師でしたが「生命の確保が出来、一安心の状態」との事で「リハビリを少しづつ始めましょう」と、首を持ち上げる事も出来ずに体が一切動かない状態&意識が戻ってるのか?と思いながらの車椅子リハビリ開始・・・凄いスパルタに感じた自分です(^_^.)

入院18日目も目が開き、口を動かそうとしてるように見えました。その翌日は車椅子へ載せ病院内の散歩開始で「今日も天気が良いよ~」の会話に・・・首を少し持ち上げ空を見ようとしてる姿!~聞こえてる事&意識が正常な事が分かりました(^_^)v

テキセンシスレッド



医師に手の施しようが無い&良くて植物人間と宣告された妻でしたが・・・記憶も確り残り正常な頭の働き(運動障害が起きてるので正常?異常?)だと分かり、人の体の複雑さを感じてます。。。

倒れた時に声を掛けられなかった事等が、生涯の悔みに成らなかった事&大変ながらも介護が出来る今~他の事に変えられない喜びにも感じてます。。。

ストロベリーキッス



転院で別病院へ行くと「奇跡ですね」と言われる事が多々・・・入院中にも同部位の発症で有名なレスラーの方が亡くなられてます。人の体の神秘と言うのか~分からない事?予測出来ない事?が沢山あるように感じてます。宣告された多くの方に諦めないで~と伝えたいです。。。

動けない不自由な状態が待ってるかも知れない、でも、いつの日か前進?回復?する事を信じて居て欲しいです。

PS-少し前に訃報報道がありました。お悔やみ申し上げます。



 福祉・介護等